読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掛かり付けの医師に本当のことを言うためのブログ 32

 

今はもう、全体的に自分の人生に対して【諦め】しかないです。

何をやっても駄目。どんなにイイ仕事をしても、イイものを作っても、全て横槍が入るか、他人に奪われるかパクられるか。

どん底の底辺で泥を舐めながら生きていくしかないんだな、って。子供たちもきっと私と同じような一生を送るんだろうな、と。

好転することなんてきっと無いんでしょうね。ずっと、このまま。

以前は、私から奪ったものが還ってこないならせめて私を貶めたり利用した連中に何らかの天罰とか降りないかな、とか、生地獄を味わわせたい、と思ってましたが、今はもうそんな気分すらないです。気力が無い。

全てがバカバカしい、というか。

勝手に他人のもの盗んでのさばってればいいんじゃないかな、って。

私が『両親』や私から物を盗んでいった連中を幸せにしてやる筋合いなんてこれっぽっちも無いですし、義理も何も無いんですが、どうなんですかね・・・その内勝手に自滅してくれるような未来はあるんでしょうか?

 

子供が生まれてから、病院で実の子は浚われてしまったんですが、代わり、というか、別の子に自分が産んだタグを付けられてまして。

違和感半端なかったんですが、逆らえばどんな目に合うのか分からなくて何も言えず、その子を連れて帰ってきました。

今でも自分の子は無事なのか、私のような目に遭っていないか、私よりも酷い目に遭っているんじゃないか、と考えますが、かといって目の前にいる子が何か悪い事をしたわけではなく、とりあえず目の前の子を大事にすることしか出来なくて、今に至ります。

結論から言うと、産むより育てる方が難しいです。

どうしても生理的に無理で相性が合わないというか、嫌悪感があって、子供もやっぱり違和感があるようでぐずったりとか色々、下のこの時よりも手を焼いたんですが、やっぱり情が移るというか、可愛いんですよね、本音を言うと。

 

近所付き合いは、もう、最悪でした。一人暮らしのババアがでしゃばるし、同じような一人暮らしのジイサンがいるとそこの家の悪口散々言いふらしたり、ゴミ集積所に行って他所の家のゴミ漁ったり・・・誰かに見つかると「ちゃんとルール守ってるかチェックしてる」とかほざいてですね、誰も見てないな、って確認すると、その漁ってた他所の家のゴミ袋に自分のゴミを詰めて素知らぬ顔で戻っていく・・・要は、ゴミ袋節約のために難癖点けて他人のゴミ袋漁ってただけなんですね。まあ、こんなババア珍しくも無いでしょうが。

とにかく周囲は年寄りばっかり、ガラも悪い、治安も悪い、町内会の幹部や地主が幅を利かせている、どこにでもあるクソな場所で。

役所から、子供が生まれた家には地区の民生委員が戸別訪問するんですけど、ウチに来た民生委員のババアがまた最悪で。

「○○さんの家はね、娘さんが離婚して戻ってきて再婚して、でも名字は変わらないでそのままみたい」とか「××さんの家は○人目がこの間生まれたけど、全部父親が違くてね」とか・・・こっちはそんなの聞いてないよ!つうか、いいのかよ、そんな個人情報ベラベラ喋っちゃって!なんなんだよこのババア、どうしようもねえな。と、マジで思いました。

普通、民生委員の戸別訪問って、離乳食の事とか乳幼児対象の親子で参加するイベントとか、そんな案内するものだろう、それなのになんだ、このババア!・・・って思ってたら、やっぱり、地主の親戚だったんですね、この民生委員。こんなヤツばっかりですよ。

生後一年未満の頃、ですね、掴まり立ちとか、何かに掴まっていれば何歩か歩けるようになったので、近所の公園に連れて行ったんです。そうしたら、同じぐらいの子を抱えた人たちが何人かいて。みんなはもう勝手に歩けたので、学年は一緒だったんですが、ちょっとウチの子はまだ混じって遊べるような感じではなかったんで、その日は簡単に挨拶だけして帰りました。

数日後、またその公園に行ってみると、私の顔を見たらみんなパーッと帰って行っちゃう。一人が叫びながら帰っていきました。「あの女は他所の子を殺す。自分の子を殺されたくなかったらあの女には関わるな」と、私を指差しながら。

ちょうど、何日か前に文京区の幼稚園で母親が子供の同級生の妹をトイレに連れ込んで殺した、という事件がありまして。

私だってピリピリしてましたよ、そんなニュース見たら。

で、なんで私が他所の子を殺す母親、ってことに近所でなってるんだ!?って。

それ以来、その公園には行かなくなりました。だから、少し離れた公園までベビーカーや自転車に乗せたりして散歩してました。

検診だかなんかで、「ここに住んでるならこの公園に行くと子供がいっぱいいるから」と紹介された公園に行ってみたんです。そうしたら、5~6人の母親の集団がいて。子供たちもウチの子と同じぐらいで。一応挨拶だけはしたんですが、子供があんまり興味を示さなくて。だから離れたところで二人でしゃがんで遊んでいたんですが、その集団は子供たちを足元に転がして携帯をカチャカチャ弄ってる。で、漏れ聞こえてきた会話が凄いもので。決して盗み聞きしたんじゃありません、向こうの声が大きすぎたんです。

「この間のオヤジは臭いし顔も悪かったけど5万くれた」とか「顔は良かったけど金払いが悪くて」とか・・・「あ、今予約はいった。来週行ってくる」とか「わかった、明日は誰と誰?」「じゃあ、ウチで子供たちまとめて見てるよ」とかですね・・・つまり、主婦の売春集団だったんですね。

出会い系サイトで【予約】を承ってみんなでローテーションを組んで、昼間援助交際をしてくる、と。当日フリーの人たちが仕事に行ってるメンバーの子供を預かって面倒見る・・・と。

なんなんだよ、この場所。まともな連中いないのかよ。

で、嫌になりまして、この公園にも行かなくなりました。

何回か前にも書きましたけど、ポリオの予防接種で過度の副反応が出たのに、問い合わせの電話もすぐに切られ。ウチの子だけ他の子と違うアンプルを打たれ。ツベルクリン反応では陰性なのに陽性反応を捏造され。こういう話を声を上げても有耶無耶にされ。

一歳になったばかりの頃です。買い物中に駅の中を通っていたんですが(北口から南口に移動、みたいな感じです)ある女子高生・・・だと思います、制服が私立っぽかったし、顔の感じが中学生ではなかったので。その女の子から突然「可愛いですね、抱かせてください」って言われて、ウチの子を強引に取り上げようとされました。私は驚いて、というか殴って怒鳴りたかったんですが何しろ相手は見るからに未成年なので手荒なことは出来ないし、で、必死に子供を抱えて「止めて下さい」って言ってたんです。そうしたら相手が「何で私が抱いちゃいけないんですか!」って怒鳴りながらウチの子の手を捻り上げまして。ゴキッていう嫌な音が響いて。それがもう我慢の限界で「いい加減にしなさいよ!」って怒鳴って突き飛ばしたら呆気にとられてどっか行っちゃいました。昼間、決して小さくは無い、都内主要ターミナルへの直通快速電車停車駅の改札のまん前でした。みんな見てるのに、誰も助けてくれませんでしたね。

とりあえず子供の手や身体を確認したら、骨は折れて無さそうだったし、私の手をちゃんと握り返してきたのでまず警察かな、と思い駅前の交番に行ったんです。病院は、昼休みの時間でしたし。

交番には申し訳ないけど如何にも使えなさそうなオッサンと、まともそうな女性警官がいました。私は駅で起こったことを洗いざらい話したんですが、馬場というオッサン警官はわら半紙に適当に走り書きをして「そんなことあるのぉ?だって、聞いたこと無いよ。何、ヤマンバ?ガングロ?奥さん、アンタの作り話じゃないの?」って言って、目の前でそのわら半紙を破きやがりました。隣にいた女性警官も唖然としてましたね。これ以上ここにいても埒が明かないと思って、一旦家に帰って昼寝させて、それから午後の診療時間に近所の病院に行きました。骨には異常が無かったんですが、病院で「こっちから警察に連絡しておく?」って聞かれたんですけど、まあ、もう交番行ったあとだったし。

とにかく、なんだろ、誰も味方がいないし、周りからこう、狙われてる、というか、私を閉じ込めるように囲われてる、って印象はその頃から変わらなかったですね。

こう、周りの人間が全部グルで、私を殺したり潰す為に狙ってる、仕組まれてる。そんな感じでした。