掛かり付けの医師に本当の事を言うためのブログ 34

先日担当医が変わって、開口一番に「君のは病気じゃない」って言われたんです。

病気かどうかは素人の私は知りませんよ、身体の変調があって通院し始めたんでそれを判断するのは医者ですから。こっちはこんな症状がある、って言うだけだし前の担当医はそれで「うつ病」って診断したんですから。

新担当医曰く「僕は虐待児童何かに詳しくてそっち方面が専門」って言うんですが前の担当には私の受けた虐待とかレイプ被害とか話してるんで前担当医の記入漏れか現担当医がよく読んでないかどっちかなんでしょうけど。

 

私「子供の頃親に(実の両親ではない)虐待、発見してくれた担任の通報で学校で緊急職員会議、父親(養父)・弟(戸籍上)・赤の他人からのレイプ…等をお話してるんですが」

新担当医「うそっ!え、え~っとね…PTSDはね…以下云々」

 

また一から話直さないといけないのか、私の話を嘘だと思ってるのか、無かったことにしたいのか、無かったことにされるのか…等が頭の中を占め初めましてどんどん精神的に苦痛になってしまったんです。

 

PTSDは治らない、って話を聞いたことがあります。

治らないのは仕方ない、でも子供たちのために自殺するわけにはいかないので自殺を防ぐために薬をください。

医者を信用はしません、あてにもしません。ただ通院しないと薬が手に入らないから行ってるだけです。今の状態がベターです。

私の場合昔の虐待やレイプ被害をずっと閉じ込めて、被害を訴えても無かったことにされてきたし、それで辛うじて普通の振りをして生きてきたので根深いんだと思います。出産後もストーカー被害・レイプ被害…と重なってるのでレンジでチンしたように薬飲んですぐに治るわけではないんだろう、って思ってます。

 

ただ薬はください。今の生活サイクルを崩さないでください。

警察に話すのって、ストーカー被害を相談するだけでも疲れるんです。こっちが取り調べを受けてるみたいな圧迫感を覚えるんです。

洗いざらい、というわけではないですが、警察よりも詳しく多くの事を話せたのは病院だけなんです。

無かったことにしないでください。

否定しないでください。

今の生活で薬をもらって死なないように生活できてるんです。

これを壊さないでください。

これを壊されたらもう生きていけないです。私が死んで喜ぶのは、多分私を食い物にしてきた両親(養父母)達でしょう。多分、自分の実の娘を私に据えて更にやりたい放題なんだろうな、と。