掛かりつけの医師に本当のことを言うためのブログ 37

だいぶ前ですが、久しぶりに電車に乗れました。

どうしても乗らなければならない用事があり、予め処方していただいてた頓服薬をお守り代わりに握りしめ…大げさに思われるかもしれませんが本当です、仕方なく乗りました。

JRではなく私電だったことも幸いだったのかもしれません、車内はガラ空きでシート三人分につき乗客一人――みたいな状況で。

僅か十分足らずですが今までひとりで電車に乗ると一駅で吐き気と頭痛とめまいに襲われたので、自分的にはかなりの進歩だと…子供みたいですが実感してます。

6~7分でめまいはしてきましたし少し混んできたので吐き気も出たんですけどね。隣に見知らぬ人に座られるのがどうも駄目だったみたいです。おぞましい、というか近寄ってこられただけで肌から何かが浸透してくるというか…単純に言うと【ゾクッとする】って言葉になるんでしょうが、もっと違う…どう言えばいいんだろう自分的には【骨の髄から総毛立つ】というか自分の左側に座られたんですけど、その人が近づいてきただけで身体の半分が異物になってコントロールが効かない状態になる…というか。

恐怖とか怖いじゃなくて純粋に吐き気がしたんです。

だから、もう我慢できなくなってすぐに席を立ちました。幸いなことに降りる駅は次の駅で、ドアが開いたらすぐにホームに飛び出せたんですが。

別に好みの人だったら気持ち悪くない、とか、好みじゃないブサメンだから吐き気がする、とかじゃないんですよ。

子供じみた我儘…って経験のない方は思われるでしょうが、本能というか条件反射というかどうしてもそうなってしまうので、こればっかりは自分でもどうしたらいいのかわかりません。

何度か担当医に相談してるんですけどね、明確な答えはいただけないままで。

でも、以前ならホームに出てすぐに座り込んだりお茶を一口飲んで休んで次の電車に乗る…っていうことをしていたので、今回はそういう状況にならずに済んだのでラッキーだったのかも知れません。

回復している、と考えるのは早計なのか今回はたまたまなのか自分ではよくわからないんですけどね。

でも、一人で無事に電車に乗って体調が悪くならずに何とか持ちこたえられた、というのが結構自分では嬉しいです。

 

 

疲れてる部分はあります。

どうあがいても世の中やっぱり金とコネというか。

子供のころ戸籍上の伯母(実際には私とどういう関係の人物なのか知りません)から言われたんです。『両親(実の、ではない)』の都合上その伯母の家に預けられることが多く半分里子状態だった時期もあると記憶してるんですが、伯母曰く「家柄とか名前に縛られずに自分本来の力で友達や知り合いを作っていけるために」私が実のではない『両親』の許で娘として暮らしてる、と言われたことがあります。

多分伯母は私を取り巻く状況を詳しく知っていたのか、それとも単なるデマなのか今となっては分からないんですけどね。

でもね、みんな名前とブランドが好きなんですよ。あわよくば自分がお姫様になりたい、って思ってる女の方が多いんですよ。

話飛びますが昔子供が小さかったころに「魔法にかけられて」というシンデレラをリメークした映画を子供にせびられて観に行ったんですが、舞踏会のシーンになったら客席がざわっとしまして。

なんか雰囲気がすごいな、って思って周り見たら(その映画館は上映中でも真っ暗にはならず仄かに明るく近くの客席ならば客の顔がしっかりと見えた)、子供連れた私と同年配の主婦らしき女性たちがみんなうっとりして画面を食い入るように見てたんです。本当に、あの時初めて「夢見るような表情」っていうのを目の当たりにしました。

気持ち悪かったです。

ウチはCMに釣られて「王子がボロボロにされるシンデレラ」っていうのに惹かれて…釣られて観に行ったんですが、子供たちもそこがツボだったらしく。ウチは声を抑えてげらげら笑ってたんですが。

 

私を育てた『母』がやっぱり少女漫画大好きオバサンだったんです。王子様が好き、ドレスが好き、自分が身に着けるものはお姫様みたいに高級なものがいい、という女で。私にはボロ着せてましたけどね、一週間同じものを着ろ洗濯に出すな、と怒鳴る女で。「金が無いから」と親戚中から古着を集めてタダで譲り受け私に着せて。そのくせ弟に着せる服にはデパートで毎月三万以上費やしてましたね…。

自分がお姫様になりたい、そのためには使えるものは何でも使うどんな手段でも使う、私がピアノを習うことにして『私の実家』に金を無心したくせにその金は自分たちの『実の娘』に使う、そういう女でした。

 

家柄とか名前に縛られずに自分本来の力で友達や知り合いを作っていける…そんなの大嘘ですし不可能です。やっぱりみんなブランド好きですし、一から作るよりは大手に潜り込んでおいしい思いをしたいんですよ、その方が楽だから。

そのために誰かが攫われていようが殺されかかっていようが、そんなの些末なことなんです。権力持ってるやつが「あいつには何をしてもいい」って言うと、本気で信じてその通りに暴行・盗み・忍び込み・殺人未遂…等をやらかしますアイツら。「お前には何をしてもいいんだろ?捕まらないんだろ俺ら」って笑いながら面と向かって言ってきた馬鹿もいましたし。7~8年前だったでしょうか。冤罪が大好物なんですね、きっと。

面識のない通りすがりのヤツに「お前AV嬢だろ?」と言われたことは一度や二度じゃありませんし「人殺し」とまで言われたこともあります。

当然ですが、AV出たことないですし風俗店勤務なんてしたことないですし人も殺してません。

噂を出され、捏造した情報を流され、そして私の顔写真も仲間内で回してるんでしょうか、ついでに個人情報も。

もう本当に実名出しちゃいたいんですが某大手宗教団体…世界的にはカルト教団認定されているそうですが、その『S学会』から本当にしつこい強引な勧誘を受けて断ってからなんですよね…嫌がらせだのストーカーだの空き巣だの盗聴盗撮被害疑惑が出てきたのって。

因みに以前書いたと思うんですが、盗聴盗撮に関しては私の思い込みではなく相談に乗っていただいた警察の方から「ほぼ黒」と言われております。

99%盗聴・盗撮器が仕掛けられていると思われるが「疑わしい」だけでは警察は動けない。確実にブツがあれば動けるのでどうにか見つけてほしい。と言われましても専門の業者に頼むのも金がかかりますし、買い物に行く前にTVに何の傷もなかったのに帰ってきたらスイッチ脇に穴が開いてて…という状況下、コンセントカバーを外して中を見てもそれらしきものはないし…となるともうこれ単独犯なんでしょうかね?かなりの組織的犯行なんじゃなかろうか、って思えてきて。

まだ子供も小さかったですし一日を仕掛けられた機材を探すことだけには費やせないですよ。

 

まぁそろそろ、過去のことの続きを書き始めようかな、っていう気にはなってきました。