掛かり付けの医師に本当のことを言うためのブログ 46

 

 親と縁を切る、って私のような人間にとってはプラスなことだったんだな、って最近実感してます。色々と、学校関連で保護者以外に親族の名前を掻かなければならない時等、面倒なこともありますが。

児童相談所などの公的機関がしっかりとしていてくれたら、私の人生もう少しマシだったんじゃないかな、って思ってます。

で、このニュース→

http://news.livedoor.com/article/detail/16130264/

 

良い時代になったな…って思います。実際に被害にあってる子は大変だったでしょうね。でも、あれで虐待認定してもらえるなら、私が受けたものは殺害未遂だったな、殺人未遂容疑でなんで私の『親』は逮捕されなかったんだろう。って悔しいです。

実際に経験した人間から言わせてもらうなら、あの動画の「虐待」ってそんなに大したこと無いです。子供が「痛い」って言えてますから。

本当に痛くて身の危険を味わっている時は、言葉になりません。叫び、咆哮、悲鳴、です。

母親もあれ、相手が子供だから、って少し加減してますよね。

だからといって許されることではありませんけど。

なんか、あの動画ってヤラセだったのかな…なんて。ヤラセだったら、子供が更に可哀想ですけどね。

 

このブログ放置し過ぎてて自分が味わったことをどこまで書いてきたのか忘れてしまいました。結構前後してる話とかあるし。

もう少し気持ちの整理が出来たらまた続けようかな、って思ってます。

 

本当のことは無かったことにされて、虐待なんかしてない、って言い分が通って、実際に私が受けた傷はあったのに、大したことのないのや捏造が表に出るってなんだかな。